保育士は認定こども園(幼保一体型)で働くべき?
《最終更新日:2020年06月03日》

「認定こども園(幼保一体型)」をご存知ですか?今非常に注目度の高い施設ですが、幼稚園・保育園とは少し違った保育形態になっています。

ここではそんな認定こども園(幼保一体型)について特徴や保育士との関連、メリット・デメリットなどについてお話しします。

認定こども園(幼保一体型)って何?保育士も働ける?

まずは認定こども園(幼保一体型)というものが一体何なのかについて見ていきましょう。

幼保一体型という名前から想像はつくかもしれませんが、定義について詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか。

保育士として働いていくならば知らないと恥ずかしいので、要点を押さえておきましょう。

認定こども園(幼保一体型)とは

認定こども園とは教育と保育を一体的に行える施設のことです。わかりやすく言えば幼稚園と保育園の良いところを組み合わせた施設になります。

認定こども園はいくつかの種類に分かれていて、それぞれ認定される基準が違います。共通しているのは以下の2つの機能を備えなければいけないことです。

  1. 就学前の子どもに幼児教育・保育を提供する機能
  2. 地域における子育て支援を行う機能

認定こども園(幼保一体型)の種類

認定こども園は地域性や保護者に合わせて選択できるように4つの種類に分類されています。

概要職員資格
幼保連携型幼稚園の機能と保育所の機能の両方を併せ持つ単一の施設保育教諭(幼稚園教諭の免許状と保育士資格を持つ)
幼稚園型認可幼稚園が保育が必要な子どもの保育時間を確保するといったような保育所の機能を備える

  • 満3歳以上:幼稚園教諭の免許と保育士資格の両方を持つことが望ましい
  • 満3歳未満:保育士の資格が必要
  • 保育所型認可保育所が保育が必要な子どもではない子供を受けいれるといったような保育所の機能を備える

  • 満3歳以上:幼稚園教諭の免許と保育士資格の両方を持つことが望ましい
  • 満3歳未満:保育士の資格が必要
  • 地方裁量型幼稚園と保育所のどちらの認可もない地域の教育・保育施設

  • 満3歳以上:幼稚園教諭の免許と保育士資格の両方を持つことが望ましい
  • 満3歳未満:保育士の資格が必要
  • 認定こども園で働くためには

    前項の表からも分かるように幼保連携型の認定こども園で働くためには保育士資格のほかに幼稚園教諭の免許状が必要になります。

    幼稚園教諭の免許状を取得するには保育士として3年の実務経験が必要です。

    また、試験の難易度は高めで10%程度しか合格しないとされています。

    子どもを通わせるメリット

    やはり一番のメリットは教育と保育を兼ね備えているところです。

    教育を受けさせたいなら幼稚園、長い時間預かってもらって保育をしてほしいなら保育園、と分けられていたものが一つになったので、保護者がどちらに通わせるか迷う必要がなくなりました。

    保護者のニーズに徹底的に応えた形が認定こども園なのです。

    保育士が認定こども園(幼保一体型)で働くメリット

    子どもを預ける保護者にとってメリットがかなり大きい認定こども園ですが、働く先生の側にもメリットがあります。

    幼稚園と保育園が一緒になったら仕事が多そうというイメージですが、将来的なことを考えると認定こども園で働くのが良いかもしれませんよ。

    保育士が認定こども園で働くメリットを紹介します。

    幅広い年齢の子どもと関わることができる

    幼稚園は3歳から通い始めることができますが、認定こども園は保育園の要素も兼ね備えているため、0歳から通うことができます。

    よって幼稚園と比べて幅広い年齢の子どもと関わることができます。

    多くの経験が積める

    前項と重複しますが、多くの園児と関わることでたくさんの経験を積むことができます。

    通常の保育園・幼稚園ではできない経験ができるのでキャリアアップにつながります。

    将来的に園長や主任を目指したいと考えているなら働くべきだと思います。

    行事が盛ん

    行事やイベントごとが非常に盛んに行われます。

    子どもたちを楽しませてあげたい、子どもたちと一緒に楽しみたいという人にはおすすめです。

    子どもたちとたくさんの思い出ができますよ。

    保育士が認定こども園(幼保一体型)で働くデメリット

    メリットがあれば当然デメリットもあります。

    保護者に人気があるからこそ職員が大変なことはどうしても出てきますよね。

    保育士が認定こども園で働くデメリットを紹介します。

    幼稚園教諭の免許状が必要

    保育士資格しか持たない人は認定こども園(幼保一体型)で働くことができません。

    幼稚園教諭免許は簡単に取れる資格ではありませんが、今後認定こども園が増えていくことを考えると取得をすすめます。

    保育のスキルにも役立つかもしれません。

    給料がそんなに変わらない

    これだけ保護者のニーズに応えているのだから給料が高いのか、と聞かれるとそんなことはありません。

    残念ながら通常の保育園と大差はありません。

    しかし、メリットで挙げたようにキャリアアップしていくことを考えたら将来的な給料はかなり違ってくる可能性はありますね。

    勤務時間が長い

    働く保護者のために早朝保育や延長保育を行っています。

    そのため、朝早くからの勤務、もしくは夜遅くまでの勤務のように勤務時間が長くなってしまう場合があります。

    変則的な生活リズムになると体調を崩しがちなので気を付けましょう。

    おすすめ転職サイト診断テスト
    カテゴリ別転職サイトランキング


    編集部おすすめ保育士転職サイト・転職エージェント
    保育士転職サイト人気No.1!
    保育ひろばは人気No.1の転職サイトです!好待遇求人多数、充実の転職サポートで満足度94.2%を誇っています!
    10万人が選んだ超人気サイト!
    保育士バンクは保育士10万人が登録した超人気サイトです!迷ったらまず登録がおすすめです!
    転職サポートが充実!
    マイナビ保育士は大手マイナビが運営する転職サービスです!登録するだけで転職活動を安心して進められます。
    保育士の転職までの流れ
    STEP1 転職サイト選び
    各サイトの強みを理解して、自分に合った転職サイトを選びましょう!対応エリアやサポート体制などで選ぶのがポイントです。
    ひと目で分かる転職サイト比較表もありますので、ぜひ参考にしてください!
    ⇨【転職サイト比較表はこちら】
    STEP2 無料会員登録
    転職サイトが決まったら会員登録をしましょう!登録は30秒程度なので簡単です!当サイトで紹介している転職サイトは登録から転職まで完全無料で利用できるので登録しなきゃ損ですよ!
    最低でも 3社以上のサイトに登録すると転職成功率が上がるのでおすすめです!
    ⇨ 【複数登録のメリット解説はこちら】
    STEP3 転職活動のスタート
    転職サイトに登録すると、登録した人しか見れない非公開求人などを閲覧できるようになります。 その他にも専任のコンサルタントの転職サポートを受けることができます!希望の求人が見つかるまでどんな要望にも応えてくれるので、転職活動に不安のある方でも安心して転職ができますよ!
    保育士転職お役立ち情報