公立・私立認可保育園のメリット・デメリットを徹底解説!
《最終更新日:2020年06月03日》

認可保育園とは、施設の広さや保育士などの職員の数など国が定めた認可基準をすべてクリアし都道府県知事からの認可された施設です。

認可保育園の大きな特徴の一つとして国からの補助金がでることや保育料が所得によって決まるなどあります。認可保育園には私立と公立があります。

今回は保育士が公立や私立で働く場合のメリットやデメリットについて説明していきたいと思います。

保育士が働くとき私立と公立の違いは?

認可保育園には公立と私立があり、保育士の労働環境も給料面でも大きく異なります。公立と私立の一番大きな違いは運営団体が異なります。

私立は様々な運営団体があるのに対して、公立は自治体になります。

ここでは、運営団体が異なると働くうえでどのようなメリットやデメリットがあるのか説明していきます。

私立の認可保育園の特徴

私立の場合、NPO法人や、企業、学校など様々な団体が運営しています。運営母体によって特徴は異なり、独自の教育を行うところもあります。

運営母体がキリスト教の場合礼拝の時間が設けられていたりしています。運営団体がお寺の場合、座禅をするところもあるそうです。

また、私立の場合通園バスや夜間保育<など公立にはないサービスを行っていたり、保育園自体の設備が整っていて新しいなどの特徴があります。

公立の認可保育園の特徴

公立では自治体が運営していることもあり教育方針がほとんど統一されています。保育士は公立のほうがベテラン勢が多く20代の保育士の方もとても意欲的な方が多いようです。

設備面では最新の設備こそ充実はしていませんが必要なものはもちろん揃っていますし、丁寧に使われている印象です。

公立認可保育園で働くメリットとデメリット

認可保育園には公立と私立があり、保育士の労働環境も給料面でも大きく異なります。公立と私立の一番大きな違いは運営団体が異なります。

私立は様々な運営団体があるのに対して、公立は自治体が運営しています。

ここでは、運営団体が異なると働くうえでどのようなメリットやデメリットがあるのか説明していきます。

公立の認可保育園の特徴

公立では自治体が運営していることもあり教育方針がほとんど統一されています。保育士は公立のほうがベテラン勢が多く20代の保育士の方もとても意欲的な方が多いようです。

設備面では最新の設備こそ充実はしていませんが必要なものはもちろん揃っていますし、丁寧に使われている印象です。

私立の認可保育園の特徴

私立の場合、NPO法人や、企業、学校など様々な団体が運営しています。運営母体によって特徴は異なり、独自の教育を行うところもあります。

運営母体がキリスト教の場合礼拝の時間が設けられていたりしています。運営団体がお寺の場合、座禅をするところもあるそうです。

また、私立の場合通園バスや夜間保育<など公立にはないサービスを行っていたり、保育園自体の設備が整っていて新しいなどの特徴があります。

私立認可保育園で働くメリットとデメリット

ここでは、私立の進化保育園で実際に働く立場になったときのメリットやデメリットについて紹介していきたいと思います。

私立認可保育園のメリット

  • やりがいを感じやすい
  • 働いている年齢層が若い
  • 転勤・異動がない
  • 園によってはずば抜けて待遇が良い場合あり

私立認可保育園のデメリット

  • 業務で覚えることが多い
  • 給料・待遇が公立より劣る
  • 園によって異なる部分が多い

私立認可保育園のまとめ

運営団体によって教育方針が大きく異なります。宗教色が強かったり語学に力を入れていたりと多種多様な特色があります。

保育園によって業務内容も変わることがあり公立に比べると覚えることは多く大変と感じるかもしれません。しかし、保育士一人ひとりの裁量が大きくやりがいを感じやすくなっています。自分に合った保育園を見つけることが大切になってきます。

働いている人の年齢層は比較的に若く、公立とは異なり異動もありません。

私立の認可保育園の平均年収は約316万円とあまり高いものではなく、経営状況によってはこれより低い基準のところもあります。また、私立の場合出産や子育てによる離職率が公立に比べて高く産休制度が整っていない、有給休暇の消化率が悪いというデメリットがあります。

しかし、給料や福利厚生などは園によって全く異なるので経営状況が良いところは公立よりも給料や待遇がいいところもあります。事前によく調べることが大切です。

公立認可保育園に転職できる?

ここまで読んでみると公立の保育士の方がいいかのように思います。しかし、今から転職することは可能なのでしょうか?私立から公立に転職の仕方について調べました。

採用試験が難しい狭き門

公立の場合、地方公務員という扱いになります。その為、まず公務員採用試験を受けなければなりません。採用試験は1次で高校卒業程度の一般教養問題で2次でピアノや読み聞かせといった実技試験や面接になります。

年齢制限もあり30歳もしくは35歳までしか受験が認められません。また、試験に合格してもすぐに採用には至らず施設から採用のオファーを待つことになります。この待つ期間は1年間なので、オファーがない場合は再度受験しなければなりません。とても厳しい道のりです。

公立がダメでも私立がある

公立で採用に至るまではとても難しいです。また、公立の認可保育園は国の政策で民営化する流れにあります。現在公立で働いている保育士の方は公務員として別の部署で働くか私立の保育園に転職しなければなりません。

そう考えると、今無理に公立に転職、就職しようとするよりも私立の認可保育園で良い待遇のところに転職、就職した方がいいと思いませんか?私立の場合、給料の低さや待遇面でのデメリットがあると前述しました。

しかし、保育士を増やそうと国が政策を行っているため給料面や待遇はよくなる傾向にあります。転職サイトによっては高給の求人を扱うところや有休消化率90%以上の求人を扱うところ、人間関係がクリーンなところのみを紹介するなど自分のニーズに合った転職先を見つけることができます。

是非一度、転職サイトに登録して自分にとって最適の職場で働きましょう!

認可保育園に転職したいなら「マイナビ保育士」

マイナビ保育士

認可保育園の求人を探したいのであれば「マイナビ保育士」がおすすめです。

安心のマイナビブランドで徹底した転職サポートをしてくれますよ。

「マイナビ保育士」の詳細はこちらのページをご覧ください。

⇨【マイナビ保育士の詳細はこちら】
おすすめ転職サイト診断テスト
カテゴリ別転職サイトランキング


編集部おすすめ保育士転職サイト・転職エージェント
保育士転職サイト人気No.1!
保育ひろばは人気No.1の転職サイトです!好待遇求人多数、充実の転職サポートで満足度94.2%を誇っています!
10万人が選んだ超人気サイト!
保育士バンクは保育士10万人が登録した超人気サイトです!迷ったらまず登録がおすすめです!
転職サポートが充実!
マイナビ保育士は大手マイナビが運営する転職サービスです!登録するだけで転職活動を安心して進められます。
保育士の転職までの流れ
STEP1 転職サイト選び
各サイトの強みを理解して、自分に合った転職サイトを選びましょう!対応エリアやサポート体制などで選ぶのがポイントです。
ひと目で分かる転職サイト比較表もありますので、ぜひ参考にしてください!
⇨【転職サイト比較表はこちら】
STEP2 無料会員登録
転職サイトが決まったら会員登録をしましょう!登録は30秒程度なので簡単です!当サイトで紹介している転職サイトは登録から転職まで完全無料で利用できるので登録しなきゃ損ですよ!
最低でも 3社以上のサイトに登録すると転職成功率が上がるのでおすすめです!
⇨ 【複数登録のメリット解説はこちら】
STEP3 転職活動のスタート
転職サイトに登録すると、登録した人しか見れない非公開求人などを閲覧できるようになります。 その他にも専任のコンサルタントの転職サポートを受けることができます!希望の求人が見つかるまでどんな要望にも応えてくれるので、転職活動に不安のある方でも安心して転職ができますよ!
保育士転職お役立ち情報