保育士と幼稚園教諭の資格はどっちがおすすめ?両方取る必要ある?
《最終更新日:2020年06月03日》

子どもが好きな方にとって「保育士」と「幼稚園教諭」は非常に人気の職業です。

どちらも小さな子どもを相手に仕事をしていくという点では子ども好きな人には魅力的な仕事だと思います。

実はこの2つの資格は似ているようで結構違う点が存在します。

どっちの資格を取るべき?両方資格取ったほうがいい?など悩んでいる人はこのページを読めばきっと解決しますよ。

ここでは「保育士」と「幼稚園教諭」の資格について違いや取得するメリットなどについて詳しくお話します。

保育士と幼稚園教諭の違いとは

似ているように感じる2つの資格ですが、どういうところが違うのでしょうか。

資格の内容や取得方法、どういった働き方ができるのかなど、違いについてご紹介します。

まずは基本的な違いを押さえましょう。

資格の内容の違い

保育士資格は厚生労働省の管轄にあり、児童福祉施設で保護者の代わりに子どもの保育を行うスペシャリストを表します。

幼稚園教諭資格は文部科学省の管轄にあり、学校教育法に基づき教育をする教員を表します。

また、保育士は「保育」を目的にしているのに対し、幼稚園教諭は「教育」を目的にしているという目的の違いもあります。

相手にする子どもの年齢が近いだけで似ていると思われがちですが、全く違う資格だと言っても過言ではありませんね。

資格を取得する方法

保育士資格を取得する方法は大きく分けて2つあり、1つ目は大学や専門学校に通ってカリキュラムを受講すること、2つ目は年に1度行われる国家試験に合格することです。

幼稚園教諭の資格を取得するには大学で教職課程を修了する必要があります。ただし、保育士資格を持ち、3年以上実務経験があれば認定試験に合格することで資格を取得できます。

保育士のほうが難易度は低めで、保育士資格を持っていれば幼稚園教諭の資格を取得することもできるかもしれないということですね。

働く場所の違い

保育士資格を持っていることで働ける主な場所は以下のとおりです。

  • 保育園
  • 児童館
  • 乳児院
  • 学童
  • 企業内保育室
  • 院内保育室

幼稚園教諭の資格を持っていることで働ける主な場所は以下のとおりです。

  • 公立幼稚園
  • 私立幼稚園

保育士資格は保育園だけでなく様々な保育施設で働くことができますね。

保育士の資格を取得するメリット

保育士の資格を取得するメリットは以下のとおりです。

  • 比較的容易に取得できる
  • 働き方のバリエーションが豊富
  • 市場価値が高い

それぞれ説明していきます

比較的容易に取得できる

幼稚園教諭に比べると保育士資格は比較的容易に取得することができます。

保育の知識・スキルは必須ではありますが、学校に通わずに独学だとしても受験資格さえ満たしていれば試験を受けられます。

国家資格の中では取得しやすい部類に入りますね。

働き方のバリエーションが豊富

保育士資格を持っていると様々な場所で働くことができます。

必ず保育園の先生になるという考え方は今は主流ではありません。

働く職場によって制度・待遇も様々なので自分にあった働き方も見つかりやすいでしょう。

市場価値が高い

ここ数年の保育業界は人材の不足が大きな問題になっています。

多くの保育施設が働いてくれる保育士を求めているため、仕事が無いということにはならないでしょう。

待機児童などの問題から考えると今後も市場価値は上がっていくと思われます。

幼稚園教諭の資格を取得するメリット

幼稚園教諭の資格を取得するメリットは以下のとおりです。

  • 待遇が良い
  • 幼稚園で働ける
  • 人間関係で困りにくい

ひとつずつご紹介します。

待遇が良い

幼稚園教諭は資格と言うよりは免許という方が正しいです。

教諭免許なので保育士に比べると給料が高い傾向があります。

ボーナスもきちんと支給されるので、保育士よりも安定しているといえます。

幼稚園で働ける

幼稚園教諭の資格を持つ人が保育園で働くことはできますが、保育士資格を持つ人が幼稚園で働くことはできません。

働いてみないと保育園と幼稚園のどちらが自分にあっているかわかりませんよね。

両方働いてみたい場合は幼稚園教諭の免許は必須になります。

人間関係で困りにくい

幼稚園はクラスに担任の先生が1人つくシステムで行っているので、他の先生と揉めることなく楽な気持ちで働くことができます。

逆に言えば、何があっても1人で対処しなければならず責任も問われやすいので、仕事のスキルが求められます。

両方の資格を持つメリット

どちらを取得すればいいのかと悩んでいるならば両方取得してしまうのも1つの方法です。

「保育士」と「幼稚園教諭」の資格を両方持っていると以下のようなメリットがあります。

  • 転職で有利に働く
  • 認定こども園で働ける

魅力的なメリットについて詳しく説明します。

転職で有利に働く

冒頭でも説明したとおり、保育士と幼稚園教諭は全く違う資格ではありますが、子どもを相手にするという点は同じです。

両方の資格を有しているということは「保育」と「教育」の観点から子どもに携わることができます。

採用する側としても子どもに手厚い支援ができる人を求めているので、転職で非常に有利に働きます。

認定こども園で働ける

最近増加している「認定こども園」は、保育園と幼稚園の良いところを組み合わせた施設です。

働くためには保育士と幼稚園教諭の両方の資格が必要になります。

将来的に認定こども園が増えていくことを考えると、両方取得するのは大きなメリットになりますね。

保育士・幼稚園教諭の転職なら「保育ひろば」

保育ひろば

大人気転職サイト「保育ひろば」は保育士・幼稚園教諭の転職をサポートしてくれるサイトです。

保育園・幼稚園の求人はもちろん、珍しい職場まで求人の幅が広いです。

まずは登録して転職先を探してみてください。利用には一切費用はかかりません。

⇨【保育ひろばの詳細はこちら】
おすすめ転職サイト診断テスト
カテゴリ別転職サイトランキング


編集部おすすめ保育士転職サイト・転職エージェント
保育士転職サイト人気No.1!
保育ひろばは人気No.1の転職サイトです!好待遇求人多数、充実の転職サポートで満足度94.2%を誇っています!
10万人が選んだ超人気サイト!
保育士バンクは保育士10万人が登録した超人気サイトです!迷ったらまず登録がおすすめです!
転職サポートが充実!
マイナビ保育士は大手マイナビが運営する転職サービスです!登録するだけで転職活動を安心して進められます。
保育士の転職までの流れ
STEP1 転職サイト選び
各サイトの強みを理解して、自分に合った転職サイトを選びましょう!対応エリアやサポート体制などで選ぶのがポイントです。
ひと目で分かる転職サイト比較表もありますので、ぜひ参考にしてください!
⇨【転職サイト比較表はこちら】
STEP2 無料会員登録
転職サイトが決まったら会員登録をしましょう!登録は30秒程度なので簡単です!当サイトで紹介している転職サイトは登録から転職まで完全無料で利用できるので登録しなきゃ損ですよ!
最低でも 3社以上のサイトに登録すると転職成功率が上がるのでおすすめです!
⇨ 【複数登録のメリット解説はこちら】
STEP3 転職活動のスタート
転職サイトに登録すると、登録した人しか見れない非公開求人などを閲覧できるようになります。 その他にも専任のコンサルタントの転職サポートを受けることができます!希望の求人が見つかるまでどんな要望にも応えてくれるので、転職活動に不安のある方でも安心して転職ができますよ!
保育士転職お役立ち情報