保育士って国家資格?民間資格?役立つ資格も紹介!
《最終更新日:2020年06月03日》

保育士というのは保育所で子どもの保育を行うための立派な資格ですが、その他にも世の中には「資格」というものが多く存在します。

また、資格と一言で言っても資格というのはさらに「国家資格」と「民間資格」に分けられることをご存知でしょうか。

ここではそれぞれの資格の違いや保育士が持っておくと役立つ資格などについてご紹介します。

保育士はどっち?国家資格と民間資格

同じ資格でも「国家資格」と「民間資格」では大きく違います。それぞれの違いを資格例も合わせてご説明します。

国家資格とは

簡潔に言うと「国の法律が定める資格」です。

国の法律に基づいて国または国の委託を受けた機関が認定します。

法律に基づくため信頼性が高く、ある程度の社会的地位が保証されます。

また、特定の職業に就くために必須な資格であったり、職場に有資格者がいることが義務付けられている業界があったりなど一定の社会的ニーズがあることも特徴です。

主な国家資格の例

主な国家資格の例は以下のとおりです。

  • 弁護士
  • 医師
  • 看護師
  • 幼稚園教諭
  • 保育士
  • 栄養士
  • 介護福祉士

よって保育士は国家資格に該当することがわかりますね。

業務に必要不可欠で世間に必要とされる資格であるため、取得する難易度は高めになっています。

民間資格とは

民間団体や企業、学校などが独自の審査基準で認定する資格のことです。

法律で基準などが定められているわけではないため、世の中に無限に存在しています。

民間資格は社会的な信頼度、取得の難易度が資格によって大きく違います。民間資格でも働く上で必須となるケースもあります。

また、認知度が低い民間資格も多く、すべてを把握するのは実質不可能です。

主な民間資格の例

主な民間資格は以下のとおりです。

  • TOEIC
  • TOEFL
  • 英語検定
  • ファイナンシャルプランナー
  • インテリアプランナー
  • マルチメディア検定

上記の他にも多くの民間資格が存在しています。

保育士に役立つ国家資格とは

保育士が国家資格であることは分かりました。それだけ保育士は世間に必要とされている仕事なのです。

ではここからは保育士が持っておくと仕事に役立つ、転職に有利になるような国家資格をご紹介します。

国家資格を複数持っていれば社会的地位もかなり向上しますよ。

幼稚園教諭

保育士資格に最も近い国家資格が幼稚園教諭です。

あくまで「教育」と「保育」で目的が違いますが、幼い子どもを相手にするという点では同じです。合わせて持っておくと転職でも有利になります。

また、「認定こども園」という保育士と幼稚園教諭の資格の両方が必要になる施設も増えているので、取得しておいて損はありません。

ただし、保育士以上に幼稚園教諭の資格は取得するのが難しいということは頭に入れておいてくださいね。

看護師

一見「保育」と「看護」でそこまで近いようには思えませんよね。

ですが最近は「院内保育」という保育士が病院内で保育を行う仕事があります。

医学的な知識はそこまでいらないのですが、病院で働くことになるので看護師のスキルは非常に役立ちますね。

保育士に役立つ民間資格とは

民間資格は無数にあるため、保育士の仕事に役立つ資格が多く存在します。

国家資格に比べると取得難易度が低いので、とりあえず試験を受けてみるのが良いでしょう。

それでは保育士と合わせて持っておきたいものをご紹介します。

チャイルドマインダー

チャイルドマインダーとはイギリス発祥の資格で、少人数保育のスペシャリストを示します。

日本では民間資格ですが、発祥のイギリスでは国家資格になっています。それだけ国家資格に近く、信頼性も高いです。

取得のためには講座を受講しなければならず、独学では資格を得ることができません。

民間資格にしてはハードルが高い資格となっています。

ベビーシッター

社会的認知度が非常に高いベビーシッターですが、こちらも民間資格です。

認定試験に合格すれば取得することができますが、年齢や保育業務経験などの条件を満たしていなければ受験することができません。

8割以上の合格率なのでチャイルドマインダーに比べると容易に取得できる資格となっています。

多くの資格を取って保育士の仕事につなげよう!

まとめると、国家資格は社会的信頼性が高いため取得が難しく、民間資格は社会的信頼性、取得難易度ともに様々である、ということになります。

資格を得るためには講座を受講したり実務を経験したりなど多くの時間を必要とします。本当に必要な資格なのかどうかを取得を目指す前に改めて考えてください。

多くの資格を取得して、保育士としてのキャリアにつなげましょう。

おすすめ転職サイト診断テスト
カテゴリ別転職サイトランキング


編集部おすすめ保育士転職サイト・転職エージェント
保育士転職サイト人気No.1!
保育ひろばは人気No.1の転職サイトです!好待遇求人多数、充実の転職サポートで満足度94.2%を誇っています!
10万人が選んだ超人気サイト!
保育士バンクは保育士10万人が登録した超人気サイトです!迷ったらまず登録がおすすめです!
転職サポートが充実!
マイナビ保育士は大手マイナビが運営する転職サービスです!登録するだけで転職活動を安心して進められます。
保育士の転職までの流れ
STEP1 転職サイト選び
各サイトの強みを理解して、自分に合った転職サイトを選びましょう!対応エリアやサポート体制などで選ぶのがポイントです。
ひと目で分かる転職サイト比較表もありますので、ぜひ参考にしてください!
⇨【転職サイト比較表はこちら】
STEP2 無料会員登録
転職サイトが決まったら会員登録をしましょう!登録は30秒程度なので簡単です!当サイトで紹介している転職サイトは登録から転職まで完全無料で利用できるので登録しなきゃ損ですよ!
最低でも 3社以上のサイトに登録すると転職成功率が上がるのでおすすめです!
⇨ 【複数登録のメリット解説はこちら】
STEP3 転職活動のスタート
転職サイトに登録すると、登録した人しか見れない非公開求人などを閲覧できるようになります。 その他にも専任のコンサルタントの転職サポートを受けることができます!希望の求人が見つかるまでどんな要望にも応えてくれるので、転職活動に不安のある方でも安心して転職ができますよ!
保育士転職お役立ち情報